狭い家を広く見せるには収納を考える必要があります。

広々とした豪邸もまた市民の憧れですが、実は広すぎてデメリットが起きる事も。
狭小住宅は狭さがデメリットですが、収納がまるでパズルゲームのように楽しく考える楽しみが生まれます。
限られた空間だからこそ、工夫をするモチベーションが湧きあがります。
返って空間が狭い方が整理整頓やインテリアが上手く行く事も多いです。
カラーボックスがレイアウトを考える時に大活躍、マトリョーシカの容量で小さな箱を一つにまとめられるのが長所です。

狭小住宅には収納を工夫する楽しみがある

狭小住宅には収納を工夫する楽しみがある 広々としたマイホームの市民の憧れですが、実は掃除が大変だったり、広いせいで返ってインテリアのレイアウトが難しい等、長所はしばしば短所になります。
対して狭小住宅は部屋が狭いのが短所ですが、収納を工夫する楽しみが得られるのが長所です。
限られた空間をいかに活用するか、まるでパズルゲームを攻略するように、狭小住宅はレイアウト作りが遊び感覚で出来ます。
カラーボックスは狭小住宅でも大活躍する収納アイテムです。
本を入れれば本棚に、日用品を種類別に整理整頓する事も出来ます。
DVDは専用のケースへ片づけ、衣類は衣類ケースに入れた後、カラーボックスへ収納すればマトリョーシカの要領で箱に箱が入り、空間を広く活用可能です。

狭小住宅の収納は隠せるように注意が必要です

狭小住宅の収納は隠せるように注意が必要です 狭小住宅を建てるなら、いかに部屋をすっきりと見せれるようにするかが大事です。
収納を多く持ちたいと考える人は多いですが、そのために家具をたくさん購入していては狭い空間がさらに狭くもなってしまうものです。
ですから作る場所やどのように作るかを考えましょう。
わざわざクローゼットや収納部屋を作るのも良いですが、床下など隠せるすものを作って見た目あると分からないようにしても良いです。
また、寝室にベッドを置くのであれば収納機能付きのベッドを使うようにもしましょう。
そうすればベッドで幅を取ったとしてもそのほかにものを置かなくても良いのですっきりします。
また、うまく隠せるように本棚の裏側や絵画などのインテリアの裏側を使ってみても良いです。
ちょっとした隠し扉のような遊び心を感じることもできるでしょう。
ですが狭小住宅の場合、壁や部屋を多く作らないことも注意です。
平面図の間取りでみるとすっきりして見えても、実際建ってみて壁が多いと窮屈にも感じるものです。
ですから物を置いたり飾ったりするようなことがあったとしても、そのために壁を増やすのでではなく、見せないようにする方法で考えるようにしてみても見栄えが良く良いでしょう。

おすすめの住宅関係情報リンク

狭小住宅を東京に建てる