狭い家を広く見せるには収納を考える必要があります。

狭小住宅の収納のコツ:玄関

狭小住宅の収納のコツ:玄関 狭小住宅は収納スペースが少ないことで、かなりの方が困っているのではないでしょうか。
玄関は靴や雨具、鍵、手袋、コート、子供のおもちゃ、杖、など出掛けに必要なものを置きがちで、ゴチャゴチャしやすい場所です。
各自の部屋にしまうとスッキリしますが、出掛ける準備に手間取るようになってしまい、あまり効率的ではありません。
収納方法を工夫することで、なんとか改善しましょう。
まず、家族が多いと靴が多くなります。
下駄箱にそのまま靴を入れていませんか。
靴の高さに合わせて天板をずらし、新たな天板を足す、街中の靴屋さんの様に突っ張り棒を2本ずらして付け、靴の踵を引っ掛けて前後に靴を重ねてしまう、大きくてスペースを取るスニーカーは壁に金具で板を取り付け、横向きに1つずつ並べる、これだけでもかなり改善できるはずです。
傘やコートはパイプを渡すか金具を取り付けて吊るす、玄関のドアに取り付ける傘ホルダーも便利です。
思い切って上がり框を付けるのもお薦めです。
かなり大容量の引き出しができるため、おもちゃやレインウェア、ブーツなどを収められ、靴の量によっては季節ごとの入れ替えが、その場で済んでしまうかもしれません。
狭小住宅は工夫次第で、快適に過ごすことができます。
ぜひ、取り組んでみてください。

狭小住宅の収納スペースは廊下も有効活用しましょう

狭小住宅の収納スペースは廊下も有効活用しましょう 狭小住宅は面積が小さいところに建物を建てる上、家自体もコンパクトですのでモノをしまう場所に困ることがあります。
そのため、作るときには収納場所を確保するために計画的に間取りを決めるのが重要です。
たとえば廊下も狭小住宅の場合あまり広めにとれないのが一般的ですが、逆に幅が狭いところには棚板を渡しやすいメリットがありますので、高さを利用して棚をたくさん作るのがおすすめです。
狭小住宅は横に面積を撮るのが難しい分、3階建てにしたりロフトを作るなど高さを出すことで快適に過ごすことができる場所を確保することが可能です。
老化部分の収納も床の部分に作ることが出来なければ天井近くに板を渡したりつっぱり棒のようなもので色々なものをしまえるようなスペースを作っておけば、ものがあふれかえってストレスになることがありません。
狭小住宅は色々なものをしまっておくスペースに困ることがありますが、廊下部分も有効活用しましょう。