キッチン

キッチン

キッチン 狭いキッチンでお困りの方も多いと思いますが、あきらめないでください。
狭小住宅でもデッドスペース、隙間など、あいている空間を有効利用し、
賢く工夫をすれば快適にすごすことができるコツを紹介していきます。

スリム型ストッカー、チェスト、ワゴン、ラックなど狭いスペースで使用する
収納用品もありますが、ここでは必要ありません。

まずは、調理するスペースを確保する方法。
シンクにまな板をおくだけでも、調理する場所を増やすことができます。
水切りカゴを横おきから縦置きにするだけでも、
スペースもできて作業効率もあがります。

窓や壁も利用してみましょう。
狭小住宅だから、仕方がないと思っていたと思いますが、
窓やシンクの前の壁に棚板をつけるだけで、
よく利用するお鍋、食器、調味料など置くこともできますし、
調理道具などは壁に吊るせるように工夫をするだけでも、
快適に過ごすことができるようになります。

いま流行のDIYで楽しくリメイクし、スペースも確保できるし、
あなただけのオリジナル空間を利用してみませんか。

毎日使う空間だからこそ快適に、狭小住宅のアイデアトイレ収納

毎日使う空間だからこそ快適に、狭小住宅のアイデアトイレ収納 狭小住宅に限らずトイレというのは家の中でも狭い空間です。
ただ一日に何度も使用しますし家族だけでなくゲストも使用する場所ですから、きれいに保っておきたいものです。
きれいで清潔なトイレを保つためには、収納が重要です。
掃除用具など必需品をすっきりと収納しておくことで、狭小住宅でも快適に過ごすことができます。
手軽に行えるアイデアとしては、麻袋やカゴを活用して生活感を抑えながらすっきりと収めたり、すのこを活用して配管の後茶付きを隠すだけでも快適な空間に仕上げることが可能です。
日当たりが悪くて観葉植物を置くことができない場合でも、フェイクグリーンを飾ればワンランク上の空間を作り出すことができます。
もともと狭い空間ですから、なるべく色調は統一し、色を抑えることでシンプルだけとほっとする優しいナチュラルな空間にまとまります。
玄関やリビングと同じように家族以外の人の目線も気になるところですから、おもてなしの心を忘れないようにしましょう。