狭い家を広く見せるには収納を考える必要があります。

狭小住宅の収納のコツ:リビング

狭小住宅の収納のコツ:リビング 収納に関しては住宅の広さに関わらず常に工夫が必要なことですが、特に狭小住宅の場合には部屋の空間を広く明るく見せる工夫が必要です。
特にリビングでは常に使用する物は身近におきたくなるものですが、これらは壁面全体を利用して棚を設けてしまうのが最適で、床から天井部分まで一体感のある色相に統一して壁に見えるようにしてその中に物を納めるようにします。
壁のように見えて実はその内側は仕舞いこむ品物の大きさにあわせて棚を作ったり、衣類やバック等を架けておくことが出来るようにポールを渡したりして、家族の構成や持っている品物の状況にあわせて設計します。
狭小住宅ですと、壁や天井が暗く濃い色調では圧迫感が生れてしまうので色調に配慮が必要です。
白い色は明るさや清潔感は得られますが真白というのは人の目には強すぎるので、柔らかみのある白系が良いです。
このようにリビングで物が見えないようにして部屋を広く見せる工夫の他に、逆に、場合によっては壁面の一部を飾り棚にしてあえて物を美しく見せてしまうというのもありです。

狭小住宅の寝室の収納をすっきりとさせる方法

狭小住宅の寝室の収納をすっきりとさせる方法 狭小住宅では寝室の収納を充実させることで快適な暮らし易さを手に入れることが出来ます。
例えば面積の関係で部屋の面積がコンパクトになってしまったとしても、壁面に棚を作ったりすることでものを置くスペースを確保することが可能です。
狭小住宅でベッドを使う場合には、ベッドの下の部分も有効活用しましょう。
この部分にはタオルや使って稲シーツなどを入れておくと便利です。
狭小住宅では、家全体の収納スペースをたくさん確保するのが難しくなりますので、ある程度ものを減らして暮らしたほうが生活するためには快適です。
しかし最低限必要なものを置くスペースを確保したい場合にはロフトを設置するのもおすすめです。
ロフトを作ると一部屋増えたような感じで寝室としても使うことが出来ますし、使っていないシーズンオフのアイテムなどをそこにしまうことが可能になります。
場所の関係でクローゼットなどを設置するのが難しい場合には検討すると良いでしょう。