間取りの注意点

間取りの注意点

間取りの注意点 狭小住宅とは、面積の狭い住宅のことですが間取りを考えるときに注意しなければならないことがあります。一つは、動線を考える場面です。面積があまり確保しにくいことから生活動線が十分に確保できない可能性があります。動きやすいようにするためには、少なくとも洗濯機置き場とそれを干すベランダが同じ階に設置しておくことが必要になります。また、キッチンと洗濯機置き場も同じ階にあると便利です。
バスルームの位置は、プライバシーの確保のため2階に置いた方がよいでしょう。狭小住宅の場合は、隣との境い目が非常に狭く、道路からも近いためです。
狭い空間をなるべく有効に使うためには、屋根裏も有効に利用できるようにしましょう。特に、収納する場面においては、屋根裏ほどすぐれた場所はありません。一方で、特に収納するものがあまりないときは思い切って屋根裏を吹き抜けにする方法もあります。吹き抜けにすることにより、縦に開放感を感じることができます。

狭小住宅を利用する際の注意点と工夫について

狭小住宅を利用する際の注意点と工夫について 狭小住宅を利用する際には室内の収納スペースが限られている点に注意しましょう。特に以前住んでいた住宅が広くて収納スペースが多い場合は不便に感じてしまうことが多いです。そこで、室内のデッドスペースを徹底的に減らしていく工夫をすることが重要です。具体的には狭小住宅を利用する際にはメタルラックを使用しましょう。メタルラックは天井まで届く背の高いものから、ベッドの下に設置できる小さなものまで幅広く存在しており、分解して別の場所に設置することができるなど生活に合わせてフレキシブルに対応できます。
それだけでなく室内のデッドスペースが確実に減っていくので狭小住宅であっても快適に生活することができるようになるのです。そのためパソコン用のデスクを使用する際にも、自由に変形できるメタルラックで代用していくようにすると良いです。。天井裏や床下の収納スペースも確保することができれば生活用品の整理にも困らないことが多くなります。