収納のコツ:お風呂

収納のコツ:お風呂

収納のコツ:お風呂 狭小住宅の場合には収納スペースがあまり取れませんので、お風呂のデッドスペースも無駄にはできません。まず最初に見直したいのが脱衣場であり、タオルや着替えを置くスペースなどはこの場所に確保したいところですので、コンパクトな収納グッズを使って綺麗に整理をすることが大切です。物をしまう時には使う場所に置いておいた方が楽になりますし、管理もしやすくなります。
かなりの狭小住宅でボックスタイプの物入れも置くことができないというケースでは、フックを上手く活用しましょう。フックならわずかな隙間にもかけることができますので、狭い家にこそおすすめです。ものをかける場合はある程度の荷重を予想しなければなりませんので、しっかりとした作りにするにはネジで止めてしまうのが一番ですが、賃貸などでネジで止めることを禁止されている場合には吸盤タイプや粘着タイプを上手に利用するしかありません。お風呂場内部なら、吸盤タイプの方が適しています。

狭小住宅を作る時の洗面所の収納方法について

狭小住宅を作る時の洗面所の収納方法について 狭小住宅では、洗面所もあまり広くスペースをとることが出来ないのが一般的です。しかし意外とこの場所にはかさばるものやおいておきたいアイテムなどが多いという傾向にありますので、作り付けの棚など初めのうちに何を置く必要があるかをリストアップして、それらを置くことができるスペースを確保しておく必要があります。

最近では洗濯機をキッチンに設置する人も増えましたがまだまだ洗面所に洗濯機がある間取りも根強い人気です。そうすると洗剤や柔軟剤などを置くスペースが必要になりますし、お風呂場に直結している場所ですのでタオルや下着類なども設置したいところです。

それらのアイテムを収納することができるスペースがないと、ただでさえ場所が狭いのに床に置くことになってしまいさらに狭く感じますので、狭小住宅の場合はあらかじめ作り付けの収納を作ることは必須と考えたほうが良いでしょう。壁面に棚を作るなどして場所を画するのもおすすめです。