施工事例を参考に

施工事例を参考に

施工事例を参考に 狭い土地に住宅を建てれば狭小住宅になりますが、どれだけ便利で快適に暮らせるかを追求しながら考えていくようにした方がいいでしょう。
そのためには、狭小住宅ではどのような施工事例があるのかを見てから考えていくようにした方が、いろんなヒントをもらうことが出来るはずです。
自分達では想像も出来なかったようなことが、施工事例としてあるのであれば、それをうまく取り入れて便利に暮らせるようにしていかなくてはなりません。
例えば隣家と接する部分にはどの様な工夫をすればいいのか、光の取り入れ方はどのようにすればいいのかなどを参考にするようにしていけば狭小住宅とは思えないような素晴らしい住宅が出来上がるはずです。
廊下とリビングを共有するようにしたり、玄関を入ってすぐに狭いと感じさせないように広く見せる工夫をするなど参考にできる部分はたくさんあります。
狭いと感じないように工夫を凝らすためにも、参考にできる例をたくさん見てみるといいでしょう。

狭小住宅におすすめの建築と収納スペース確保の方法

狭小住宅におすすめの建築と収納スペース確保の方法 郊外だと宅地面積が大きくても比較的お安い価格で購入が出来ますが、都会だと土地価格が高くて12坪程度の住宅が多いのが特徴です。
そこで狭小住宅に向いているおすすめの建築方法と活用できる収納スペースについてご紹介します。
狭小住宅の場合は横幅が狭くなるので、必然的に部屋数を横には増やせなくなりますがそこで一般的な2階建て住居ではなく、3階建てにして部屋数を確保しましょう。
住居というものは階数が増えれば、それだけ耐久度も求められます。
3階建てだと木造よりも鉄筋作りの建築が向いているので軽量建築工法を用いることをおすすめします。
狭小住宅では家具を置く場所も限られ、多くなると快適に暮らすスペースもなくなってしまうものです。
建築時に空いている備え付け収納スペースを設けるのも手で、階段下・床下・廊下の壁が特に使い勝手が良くなります。
布団や季節ごとの服はすぐ取り出せる場所に収納スペースを設置し、日頃使わないものは床下等が理想です。